fc2ブログ

    まめ太の投資ブログ

    スタジオアタオの現状株価の妥当性について

    おはようございます。今日は「スタジオアタオの現状株価の妥当性」について。

    当たり前のことなんですが、株の値段が付くということは双方に買いたい人と売りたい人がいることによって成り立っているわけです。

    スタジオアタオの株を450円で売りたい人と買いたい人が均衡しているからこそ株価が決まっているわけですね。

    ここには需給、ファンダ要素、チャート要素、市況など様々な要素が複雑に絡み合って株価が決まるわけですが、私が思うには企業が成長していかない限りは基本的には短期目線のゼロサムゲームになってしまっているということです。

    ゼロサムゲームは機関投資家などの猛者が集う恐ろしい戦場であり私のような弱小個人が入り込めば途端に殺られてしまいます。

    では、どのように考えれば勝てるのか(損をしないのか)。

    株式をプラスサムゲームと考えることだと思います。

    それはどういうことなのか。

    アタオを例に取れば、現状は来期の純利益0、売上は過去最高予想ですが、私のように純利益(PER)を基準とする人間から見れば、現状は割高です。それでも450円の値が付くということは、悪いものはある程度織り込まれていると考えることができます。

    ファンダ前提(純利益0)が変わらなければ現状は450円が妥当(と市場が判断している)。ここでこのファンダ前提を元に短期でガチャガチャすることは機関投資家などの猛者と闘うことに他なりません。

    これがイルメールが仮にヒットしアフターコロナが現実化して財布やバッグ等の売上が戻って純利益が10億円になったらどうでしょうか?

    PERは6.2倍と超割安成長企業となり、途端に市場から注目を浴びるでしょう。そうなった時に、このPER6.2倍には成長期待が更に織り込まれ水準訂正が起こる可能性があります。例えば、そのファンダ前提でPER12.4が許容されれば株価は900円、PER18.6が許容されれば株価は1350円、PER24.8が許容されれば株価は1800円となります。

    こういうシナリオが現実化してきた場合には、完全なプラスサムゲームとなり、現在450円で買っている株の買い手は全員が全員勝者となります。(多くの機関投資家は年度決算なのでこういう長期投資はできません。機関投資家と闘わない方法がこれです。)

    さらにアタオが成長して売上100億、純利益20億が見えてきたらどうでしょう?現在の株価水準のPERは3.1倍ということになります。あとの理屈は前述のものと同じです。

    無論、この考え方は未来の不確かな業績を予想するものであり、ベンジャミングレアムに言わせればそれは好ましくないということになります。

    「現状の450円の株価の妥当性」ということで考えるとそこで登場してくるのはPBRです。PBRは株価の下支えです。PBRは約2.11倍(株価450円の場合)となっており、これは解散価値の倍以上ということになっております。

    仮にPBR0.67を下値の下限と考えた時に株価は143円(概算)という計算になりますが、PBRは基本的には成長期待が高いほど割高になるため、ここまで売り込まれることがもしあるとするならばマザーズと日経平均が壊滅的崩壊をした上にアタオが赤字に転落してイルメールの拡大路線が頓挫した時位だと思います。

    可能性としては限りなく低いですが、絶対的安全域という意味ではこの143円(概算)≒150円という数字が一つの目安になるのかもしれません。

    ざっくりと450円からマザーズが大崩壊すれば株価は半分の225円、アタオの更なる成長鈍化の最悪のシナリオでさらに0.67掛けの150円のイメージではないでしょうか。(完全に私見なので悪しからず)

    上記は最悪のシナリオを想定した場合であり、最悪の想定で株価は3分の1のドローダウン、上を見た時には青天井、ということで私はアタオの期待値は高いと見ています。

    また、純資産29.34億円(21年2月期)に対しての時価総額62億円(株価450円と考えた時)なのでもしもアタオの純利益が大幅に改善した場合のPBR改善率は見逃せないものになると思っています。

    (例)純利益5億円のPBR改善率(4億円が純資産に割り当てられると仮定)
    純利益5億円、純資産33.34億 → PBR1.85倍
    純利益5億円×2年、純資産37.34億 → PBR1.66倍
    純利益5億円×3年、純資産41.34億 → PBR1.49倍

    (例)純利益10億円のPBR改善率(9億円が純資産に割り当てられると仮定)
    純利益9億円、純資産38.34億 → PBR1.61倍
    純利益9億円×2年、純資産47.34億 → PBR1.30倍
    純利益9億円×3年、純資産56.34億 → PBR1.10倍

    企業経営は当然ずっと続きますので、一旦また純利益が生み出される体制になれば、この現状のPBRはとてつもなく割安になるという分析になります(発行株式数13857000株×株価450円≒時価総額62億円で計算)。

    アタオは元々コロナ以前は売上40億円、営業利益8億、純利益5億を生み出す力のある企業でした。株価の下限を考える上で、時価総額が小さいことというのは決して見逃せない部分だと思います。なぜなら、PBRというのは純資産/時価総額の式で算出される式であるために、分母の時価総額が小さければ小さいほど、純資産の増加によって改善されるPBRの数値が劇的になるためです。

    そういう意味では私が前述した150円という下限株価については前提であるPBR2.11という数字は実際の見た目よりも安全域が大きいということになります。

    私が経験則から感じる下限株価としては、現状イルメールのインスタグラム登録者数も2.6万人を突破して順調に増え続けている現状からも、上記のような見えない安全域の部分からも、200円を割ることはそうそう考えづらいという結論になりました。

    といいますか、イルメールの成長が見えているうちは今の450円の株価であっても相当に割安である可能性が高いという結論に至っています。

    復習します。

    株価450円 純利益 5億→PER12.4倍 純資産 4億増加→PBR1.85倍
           純利益10億→PER 6.2倍 純資産 9億増加→PBR1.61倍
           純利益15億→PER 4.1倍 純資産14億増加→PBR1.43倍
           純利益20億→PER 3.1倍 純資産19億増加→PBR1.28倍

    です。現実には今後1年では純利益5億でも厳しいでしょうが・・コロナワクチンの接種率が高まり集団免疫を獲得してまたマスクを付けなくてよい世界が来たら・・と想像してください。

    その時は純利益5億+(イルメール分利益-販管費)の企業となっているのは自明です。

    私からのお願いですが、スタジオアタオの株価を考える時は必ず「PBR改善率」も頭に入れてください。

    どうですか?今のスタジオアタオの450円という株価、皆さんはどう感じられるでしょうか。

    私はベンジャミングレアムの量的ファンダメンタルアプローチで株価を絶対的に見る術を教わりました。絶対的に見るとは、上記のように分析することだと解釈しております。

    つらつらと駄文を連ねましたが、以上が私の現状のスタジオアタオの株価に対する分析となります。参考になれば、できれば同じくスタジオアタオの長期ホルダーとなってくれる人が増えればこれ幸いです。

    なお、最後に、ベンジャミングレアムに言わせれば、「未来を予測するべきではない」。

    イルメール事業に万が一失敗した場合、ドローダウン率は56%を御覚悟願います。

    私はスタジオアタオの未来を信じる者です。


    ↓ポチっと。ブログ継続のためにも何卒、応援よろしくお願いします!
    スポンサーサイト



    1. 2021/05/23(日) 11:39:35|
    2. スタジオアタオ分析
    3. | コメント:0
    <<【4644イマジニア簡易分析】  | ホーム | 備忘録(2021年5月16日)>>

    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    プロフィール

    まめ太

    Author:まめ太
    現在アラフォーの個人投資家です。割安なものを買い、割高なものを売ります。2009年に投資を何となく開始。2016年10月にブログ開設。個人投資家として独立する目標を立て、家族と本業のこと以外は株中心の生活をしています。

    定量分析、経験則、市場参加者の雰囲気などを考慮して総合的に投資判断をしています。日々投資家として成長しているため、必ずしも過去の記事が現在の私の考えを反映しているとは限りませんのでご了承ください。


    ※当ブログに記載されている内容はあくまで私の私見であり、投資行動を促すものではありません。また、数字などのデータが間違って記載されている可能性もあります。如何なる不慮の事態も当方では責任を負いかねますので、株式等の売買をされる場合は自己責任にてお願い致します。

    薦めたい品

    『賢明なる投資家』

    ↑ 名著「賢明なる投資家」。CD版があることを知ってましたか?

    最新記事

    楽天モバイルならスマホの料金が超お得!

    カテゴリ

    未分類 (595)
    現在の保有銘柄一覧 (1)
    スタジオアタオ分析 (3)
    イマジニア分析 (1)
    私の失敗談 (5)
    収支結果 (63)
    備忘録 (64)

    億万長者への道

    スポンサードリンク

    RSSリンクの表示

    リンク

    このブログをリンクに追加する

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード

    QR